弁護士費用とは

一般的に「弁護士費用」と呼ばれるものには、着手金、報酬、実費があります。

弁護士費用とは


弁護士に事件処理を依頼すると、ご存知のとおり「弁護士費用」が発生します。
この「弁護士費用」が何かということがよく分からないため、「思いも寄らない費用を請求されるのではないか」と弁護士に依頼するのを躊躇される方もいらっしゃると思います。
そこで、一般的に「弁護士費用」として総称される、「着手金」「報酬」「実費」についてご説明します。


「着 手 金」


「着手金」とは、弁護士が事件に着手するにあたってお支払頂く金銭です。原則として、事件の成否如何にかかわらず、お返しすることのできない金銭です。
ときどき、「契約当日に着手金を用意して行く必要がありますか」とのご質問を頂くことがあるのですが、 当法律事務所では、着手金は後日お振り込み頂く方式を採っておりますので、ご安心ください。


「報 酬」


「報酬」とは、事件が成功に終わった場合にのみ発生する金銭です。 成功の度合いに応じてお支払頂くことになりますが、何を「成功」とするかは事件によって異なるため、契約するにあたって事前に弁護士と依頼者との間で協議して決定することになります。 報酬は、事件が全く成功しなかった場合(例えば、全面敗訴の場合)には発生しません。


「実 費」


事件を処理するために、実際に支払う必要のある費用のことです。
例えば、裁判所を利用する手続では、裁判所に印紙代や予納郵券(切手)等を納める必要があり、これらが実費として発生します。
また、弁護士が遠方の裁判所に出頭する必要のある事件については、弁護士の交通費、宿泊費が発生する場合があります (※基本的には、武蔵小杉綜合法律事務所では、遠方の裁判所でない限り、交通費や日当をお支払頂くことはありません。



当法律事務所の弁護士費用体系


当法律事務所では、お客様が不安にならないよう、弁護士費用については明瞭な料金体系を採用しております。
遺産分割遺留分遺言書作成相続手続の弁護士費用については、それぞれのページで目安を記載しておりますので、ご参照ください。

具体的な事件を依頼するにあたって、弁護士費用がどれぐらいになるかについては、契約の際にあらかじめご説明致しますし、 着手金の分割支払等のご相談にも応じておりますので、弁護士費用についてご不明なことがございましたら、法律相談の際に、弁護士にお尋ねください。

もちろん、法律相談だけで終了の場合には、30分あたり5000円(消費税別)の法律相談料が発生するだけですので、 相続問題でお困りの方は、まずは弁護士の法律相談をご利用ください。


電話による遺産分割の相談予約

メールによる遺産分割の相談予約